everyday life with momo and his family

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お別れのとき。
3月17日。
春の日差しが暖かく穏やかな夕刻に
チョボちゃんとお別れのときを迎えました。

chobo feb. 08

2月の終わりに撮ったこの写真が
チョボちゃんの最後の写真になりました。
病状がかなり悪かったとは言え
この頃ですらまだ私は、チョボちゃんが
こんなに早く私の元を去っていくだなんて
想像すらしていませんでした。





だから、いまだに信じられないのです。
私の目の前で息をひきとったのに。
病院の先生に生前のお礼の電話をしたのに。
納骨まで終えたのに。

それでも、
まだ、どこからか私には 
『ミャー』 
と甘えて鳴くチョボちゃんの声が聞こえてくるのです。
そして、
知らない間につい探しているのです。
お薬の時間だ、
点滴の時間だ、
と、用意しそうになるのです。

chobo & momo  w/ohana3

そして、ハナ兄ちゃんもmomoも
私と同じようにチョボちゃんのことを探したりしています。

3月17日の朝、私が起きたときにチョボちゃんの
具合が悪いのを教えてくれたのはハナ兄ちゃんでした。
チョボちゃんのベッドの横にいて、
ニャーと鳴いて私を呼びました。
ぐったりしているチョボちゃんを見つけて
そばにいるハナ兄ちゃんを見ると
とても悲しそうに心配そうにチョボちゃんを見つめていました。
そして、最期までチョボちゃんの傍らを離れずに
ずっと見守っていました。

w/ohana9  w/ohana7

w/ohana6  w/ohana10

w/ohana4  w/ohana2


チョボちゃん、
こんなに悲しい思いをするのなら
いっそのこと出会わなければよかった、なんて
思ったりするの。

sweety2  sweety3

sweety4  sweety6

こんなに悲しいなら、
何もかも忘れてしまいたい、って
思ったりするの。

sweety5  sweety7

sweety8  sweety10

だけど、忘れるなんて
できない。

sweety13  sweety9

sweety11  sweety14

こんなにたくさんの無償の愛を
もらい続けてきたのに。

sweety18  sweety15

sweety16  sweety28

チョボちゃん。
姉ちゃんは心配で心配でたまらないのよ。

sweety26  sweety24

sweety23  sweety19

ひとりぼっちになっちゃって
寂しくって泣いているんじゃないか、って。

sweety1  sweety22

sweety21  sweety12

どこかで道に迷って
心細くて泣いているんじゃないか、って。

sweety17  sweety20

だから、毎日ずっと祈ってる。
神様どうかチョボちゃんを守ってあげてください、
泣いてたら助けてください、と。

sweety25


甘えた1


sweety27


チョボちゃんは私が帰宅するのを待って
ちゃんと<さよなら>を言って
お別れしてくれました。
本当はもう少し早くブログを更新して
お礼を申し上げるべきでしたが
文章を書くことがとても難しく
日数がかかってしまいました。

チョボちゃんを愛してくださったみなさん、
チョボちゃんのことを
そして私のことまでご心配くださったみなさん、
本当にありがとうございました。
チョボちゃんに代わってお礼申し上げます。

そして、
チョボちゃん、ありがとう。
姉ちゃんのために最後まで頑張ってくれて
本当にありがとう。
また会おうね、チョボちゃん。
また家族になろうね。
ぜったいね、チョボちゃん。







Comment

 秘密にする

ビックリしてなんだかとても信じられないよ・・・。
具合が悪いと聞いててもお別れしてしまうなんて全然想像できなかった。
でもほんときっと出会わなければ良かったことなんて何ひとつないよ。
お別れする悲しみよりもはるかに大きな幸せをくれたんだから。
もし私だったら私がいなくなったことで大切な人に
私と出会わなければ良かったなんて思われたらすごい哀しくなっちゃうよ。
私と出会って良かったって少しでも思ってくれたらそれだけで
生きていたことに意味があったんだって思える。
でももしメロとルイにもしものことがあったら
私もすぐにはそんなふうに思えないだろうな。
悲しくて悲しくて何も考えられないと思う。
momo姉さん、悲しみはなかなか癒えないと思うけど
チョボちゃんと一緒に過ごした日々をいつまでも大事にしていってください。
チョボちゃんのご冥福をお祈りいたします。

| URL | 2008/04/02/Wed 00:29[EDIT]
ごめんなさい・・・さっきName入れ忘れました・・・。
mitsubaことメロママでした。
mitsuba | URL | 2008/04/02/Wed 00:31[EDIT]
チョボちゃんと、お別れしちゃったんだね。
びっくりして言葉にならないけど、チョボちゃんはmomo姉さんに出会えて
本当に幸せだったと思いますよ。

チョボちゃんに会えたから、笑顔をもらったり、元気をもらったりたくさんの幸せをもらった
と思います。今は悲しさのほうが先に立って、何も考えられないと思うけど、
チョボちゃんは「虹の橋」を渡って、やさしい飼い主さんとお別れしたたくさんのお友達と、元気に飛び跳ねて遊んでいると思います。

早く元気出してね。チョボ姉ちゃんもきっとそう思っているよ。
momo姉さんが元気出すことが、チョボ姉ちゃんの供養になるのだからね。

「虹の橋」の原文です。
momo姉さんなら英語が読めるからね。

Rainbow Bridge

Just this side of Heaven is a place called Rainbow Bridge.
When an animal dies that has been especially close to someone here,
that pet goes to Rainbow Bridge.
There are meadows and hills for all of our special friends
so they can run and play together.
There is plenty of food, water and sunshine and
our friends are warm and comfortable.

All the animals who had been ill and old are restored to health and vigor;
those who were hurt or maimed are made whole and strong again,
just as we remember them in our dreams of days and times gone by.
The animals are happy and content, except for one small thing:
they each miss someone very special, someone who was left behind.

They all run and play together,
but the day comes when one suddenly stops and looks into the distance.
His bright eyes are intent; his eager body begins to quiver.
Suddenly, he breaks from the group, flying over the green grass, faster and faster.
You have been spotted, and when you and your special friend finally meet,
you cling together in joyous reunion, never to be parted again.
The happy kisses rain upon your face; your hands again caress the beloved head,
and you look once more into those trusting eyes,
so long gone from your life, but never absent from your heart.
Then you cross the Rainbow Bridge together...

*Author Unknown*

チョボ姉ちゃんのご冥福をお祈りいたします。




ひめたんママ | URL | 2008/04/02/Wed 14:08[EDIT]
チョボちゃん、よく頑張ったね。
そしてmomo姉さんも・・・。

そんな1人と1匹のこと、
神様はちゃんと見ているはず。
悲しむことがないよう苦しいことがないよう、
守ってくれているよ。

momo姉さん、
チョボちゃんのためにいっぱいいっぱい泣いてください。
その涙の分だけmomo姉さんの愛情だから。

コウ | URL | 2008/04/03/Thu 11:28[EDIT]
びっくりして最初、我が目を疑いました。チョボちゃんに会った事ない私ですら、
未だに信じられません…。ここからでも「ミャー」って聞こえてきそうな気がします。

私は、ペット(家族)を飼った事がないのですね。
だから、そんなにも大きな愛情や笑顔や癒し、そして悲しみを家族から貰った事が
ないです。うらやましいです。

今は、とっても辛いし、もちろん忘れてしまうなんてこの先、絶対にないと思います。
だから我慢しないでいっぱいいっぱい泣いてね、姉ちゃん。
そばに居たら、一緒に泣いてハグが出来るのに。

そして、チョボちゃんの分までmomoチャマとハナ兄チャマに愛情を注いだらきっと、チョボちゃまも
天国で微笑んでくれると思います。

離れていても想い合えるってとっても素敵な関係だと思います。


私もこちらから、チョボちゃんと姉ちゃん、momoチャン、ハナ兄チャンの事祈っています。


little sister | URL | 2008/04/04/Fri 23:25[EDIT]
☆ mitsubaさん へ ☆
コメントいただいていたのに、resが遅くなってしまって
ごめんなさい。

いつもいつも温かい言葉をかけていただいて
本当にありがとう(^^)
チョボ姉ちゃんがいなくなってしまったことは
今でもまだ信じられません。
そして、いろんなことを思い出すと
涙が止まらなくなったりします。
だけど、mitsubaさんが言ってくれたように
今はどれだけ悲しくっても
チョボ姉ちゃんに出会えて本当によかった。
お互い生まれ変わっても、絶対にまた出会って
家族になって一緒に暮らして生きていきたいです。

mitsubaさん、本当にありがとう☆
momo姉 | URL | 2008/04/08/Tue 15:36[EDIT]
☆ ひめちゃんママ へ ☆
温かいお言葉をかけていただいてたのに
resが遅くなってしまってごめんなさい。

Rainbow Bridgeの原文、ありがとうございました。
こんな詩があるのは知りませんでした。
ただ、この詩の内容をうっすらと知っていたので
驚いたと同時にとてもお勉強になりました。
ひめちゃんママが言ってくださったように
私には英語の原文の方が理解しやすいです。
本当にありがとう(^^)

今なお涙が止まらなくって困るときがあります。
誰よりも臆病で怖がりのチョボ姉ちゃんだったので
一人になってしまったことが心配でたまりません。
だけど、ひめちゃんママさんが教えてくださった
Rainbow Bridgeのように
たくさんのお友達に囲まれて
私たちのことを心配して見守ってくれていると信じます。

温かいお気持ち、本当にありがとうございました。
momo姉 | URL | 2008/04/08/Tue 15:43[EDIT]
☆ コウさん へ ☆
resが遅くなってしまってごめんなさい。

きっとコウさんもこんな思いをしたのだろうな、と
毎日思っています。
チョボちゃんや私たちのことを
いつも思ってくれて本当にありがとう(^^)

コウさん、チョボ姉ちゃんは最後の最期まで
本当におりこうさんだったよ。
姉ちゃんはそれがとても誇らしいです。

ありがとう、コウさん。
momo姉 | URL | 2008/04/08/Tue 15:52[EDIT]
☆ little sisterさん へ ☆
resが遅くなってしまってごめんなさい。

温かいお言葉をいただいてありがとう。
チョボ姉ちゃんは1年以上も病気と闘った
fighterでした。
それがとても誇らしくって、最期に、
チョボちゃんもう十分闘ったよ、
アラバマへお帰りね、
と声をかけました。

遠くで私たちのことを思ってくれてる人がいるというのは
本当に心強く有難いです。
little sisterさん、
温かい思いをたくさんありがとう。
心から感謝します。
momo姉 | URL | 2008/04/08/Tue 15:57[EDIT]
チョボちゃんとのお別れ、
全然想像してませんでした。
ブログの更新をしてないので何かあったのかな、と心配でした。
まさかまさかそんな悲しいことがおきていたなんて…

家族とのお別れはホントに悲しい。悲しすぎる。
私にもあるのでわかります。
10年以上経った今でもあの時の事は忘れられません。

momo姉さん、
悲しいときは思いっきり泣いちゃっていいと思う。
でもチョボちゃんと出会わなければよかったなんて思わないでね。
チョボちゃんはmomo姉さんと出会えて絶対幸せだったと思うから…

チョボちゃんのご冥福をお祈りいたします。







ももまま | URL | 2008/04/09/Wed 01:20[EDIT]
☆ ももちゃんママ へ ☆
温かいお言葉をありがとうございます。

3月に入ってチョボちゃんの具合がどんどんと悪くなっていって
それでも私は<さよならをする>なんて想像していませんでした。
日に日に弱っていくチョボちゃんを見ながら
もういいよ、チョボちゃん、もう十分だからお休み、って
思っていた半面、いなくなっちゃダメだ、って思っていました。

いろんなことを思い出したり、思ったりしては泣いています。
この涙はきっと枯れることはないですね。
だけど、ももちゃんママさんが言ってくれたように
泣いてる私をチョボちゃんはきっと心配していると思います。

ももちゃんママさん、いつもいつも
私達を思ってくださって本当に有難うございます。
心から感謝しています(^^)
momo姉 | URL | 2008/04/09/Wed 14:47[EDIT]
Track Back
TB*URL

Copyright © momo in wonderland♪. all rights reserved.

カスタマイズ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。