everyday life with momo and his family

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ありがとう、マックくん。
私たちがブログを始めてまもまく
知りあったマックくん。
あちらこちらとやたらになめまくる
ワンちゃんだというブログの記事に目がとまった。
<momoとおななじだ。。。>
大きくてハンサムなマックくんの写真を見て
何かを伝えたくなり
私はおそるおそる
初めてブログコメントを書いた。
そして、
その日から
私たちのブログ生活が始った。。。


あきっぽい性格の私が
これほどの長期間ブログを続けることができたのは
マックくんを知り合ったから。
マック姉さんのブログは
とてもおもしろくって楽しくって
マックくんや彼の生活が手に取るようにわかり
どんどん魅かれて
私は<ブログ>というものの
楽しさを学んだ。

そうして、
マックくんのブログを読み始めてから
実際にマックくんに会ってみたいと思いがつのり
それが実現したのが2年前のこと。

prince3

見ず知らずの私のわがままを
快く聞いていただき
マックくんご一家に温かくお迎えしていただいた。
マックくんに会うことができた。

prince4

<いらっしゃい!>
その声が聞こえてくるかのように
温かくお出迎えしてくれたマックくん。
穏やかで優しいその笑顔は
初めてブログで見たときと
まったく同じ。
ホントにかわいくってかわいくって
ずっと抱きしめていたかったくらい。

それから、
ほぼちょうど2年が経ち、
また会いたいという思いが募りだしたころ
<マックくんが亡くなった>という
訃報が届いた。

この猛暑で
マックくんは少し体調を崩している、くらいにしか
認識していなかった私は
マック姉さんからの知らせを理解できなかった。

いつかはお別れのときがやってくる。
よくわかっているのに
その時はいつも突然すぎて
心がついて行けない。

さよならを言わなくてはならないけれど
心にぽっかり穴があいてしまって。

私たちはみんないつかは
お別れをしなければならないのよね。
置いて行く方も
置いて行かれる方も
どちらも悲しくってつらいのよね。
わかっている。
わかっているのに。

どうしようもなく
悲しい。

私たちのブログの歴史は
マックくんと共に歩んできた。
マックくんと知りあわなければ
とうてい続いていなかった。

マックくん。
私と知り合ってくれてありがとう。
癒しの時を与え続けてくれてありがとう。
たくさんの愛を教えてくれてありがとう。

さよならは言わずに
<じゃあ、またね!>って言わせてね。
また必ず会えるとわかるから。
ね、マックくん。

天国から
お姉ちゃん達を見守ってあげてね。
私たちもずっと
これまでと変わらずに
マックくんのこと思ってる。

マックくん、本当にありがとう☆



Comment

 秘密にする

ありがとう。
momo姉さん、今までマックを可愛がってくれてありがとう。



ごめんね・・・・
これ以上言葉になりません・・・・

本当はもっと伝えたいことがあるのに・・・・

このコメントも昨日から何度も書いては消してます・・・・




四十九日にはマックのお骨は埋葬しようと決めているので、
あと半月ほどすると本当にマックは我が家からいなくなってしまいます。

一時は以前と変わらぬ日常に戻ったように見えた我が家も、
その日が近づくごとになんとも言えない寂しさがこみ上げてきてます。

家族から笑顔が消えてしまうことはマックが一番心配するってわかっててもダメですね。
ねーちゃんはマックがいなくなってからものすごく泣き虫になりました。



マックの四十九日が終わって落ち着いたらまたご挨拶にきます。

momo姉さん、本当にありがとうね。ごめんね。
マック姉 | URL | 2010/09/15/Wed 14:12[EDIT]
☆ マック姉さん へ ☆
力ふりしぼって
コメント返してくれてありがとう。

本当はとっても悩みました。
私がこうしてブログを書いてしまうことで
マック姉さんが読み
もっと泣かせてしまうことが
わかっていたから。

とってもつらく
悲しいときですもの。

でも、書かなくてはならない、と思いました。
初めてマックくんをブログで見つけた日から
ずっとマックくんが大好きで
会いに行きたくなるくらいに夢中になった
マックくんのこと。
私は書かなくてはならないと思いました。

そうでないと
私たちのブログは成り立たないからです。
マックくんと
マック姉さんがいなければ
このブログはありませんでした。

チョボ姉ちゃんが亡くなったときに
マック姉さんが言ってくれたように
たくさん
たくさん泣いてください。
それは愛情の裏返しですから。

私たちもたくさん泣きました。
たくさんお礼を言いながら。
また会いたかったから
また会えると思っていたから
本当に残念でたまらないけれど
そんな私たちのことすら
やさしいマックくんは心配しているだろうと思って
ブログを書きました。

マック姉さん、自分勝手して
泣かせてしまってごめんね。
そして、
読んでくれてありがとう。
マックくんに出会わせてくれて
本当にありがとう。

momo姉 | URL | 2010/09/15/Wed 17:16[EDIT]
Track Back
TB*URL

Copyright © momo in wonderland♪. all rights reserved.

カスタマイズ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。