everyday life with momo and his family

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

St. Teresaにて。
painful


これって何かわかるでしょうか?
病院の受付票なのですが
日本ではなく、
香港の病院<St. Teresa>のなのです.....




昨年12月中旬くらいのこと。
左中指の第一関節のところに
ちいさな水ぶくれができているのに気づき
元々アレルギー体質の私は
<また何かできものができた。。>
くらいの気持ちでいました。

徐々に痛みを感じだした頃
ちょうどアメリカから友人が来て
小さな同窓会をしようと
香港の友人を訪ねることが決まっていたし
それに、
年末年始は病院も閉まってしまうからと
病院嫌いの私が
いつになく積極的に病院へ行くことに。

水ぶくれだし、と安易な気持ちで
皮膚科へ行きました。
明後日から香港へ旅行するのだと言う私に
<大丈夫!
 ガングリオンだと思うからひどくなる病気でもないし
 年明けにでも整形外科へ行ってみて>と言い
先生は水疱を切り、念のための痛み止めにと
鎮痛剤を処方してくれました。

そして、香港へ。。。

先生が大丈夫と言ったのだから、と
自分を励まし続けていたのですが
痛みは増していくし、
腫れもどんどんと広がりひどくなって
鎮痛剤すら効かなくなっていきました。

painful1

中指全体の色が変色しだし
人差し指・薬指までが腫れだして
眠れないほどの痛みに襲われ
帰国する朝に
救急病院へ行くことに。。。

不安な気持ちでたどりついたSt. Teresa病院は
みんなスピーディで
患者をわずらさせることなく
てきぱきと受け付けてくれました。

painful2


診察は9時からということで
<スタバで待っててもいいですよ!>
と看護婦さんに勧められ、
えっ!?
病院内にスターバックスがあるの???
と見まわすと、受付のすぐ近くに
スタバを発見!
<もし、先生が早く来たら呼びに行きますから。>
という看護婦さんからの思いがけない言葉。
通路にある椅子に座り
ひたすら自分の順番を待つ
日本の病院との違いに驚き感動しました。

先生との会話は英語でしたが
たぶん英語が通じないと
日本語が話せる看護婦さんが通訳として
来てくれるのだと思います。
(実際に何人もの病院スタッフに日本語で話しかけられました。)

<普通とは違う旅行経験ができてよかったね>
一緒だった香港とアメリカの友人たちに言われました。
ホント!
ハンサムな先生だったしね^^

外国で病院へ行くということは
本当に不安になるものです。
だけど
すぐれた医療体制で一切の不安を感じさせることなく
助けてくれたSt. Teresa病院のみなさんに
感謝、感謝です。

痛い思いはしましたが
香港では心温まる同窓会ができました。



Comment

 秘密にする

No title
あらら。。。
旅先での思いがけないハプニング。。。
病院って場所だと尚更かなりの不安を感じたことだと。。。
その後の様子はいかかですか???
もう落ち着いてるかな?

早く治りますように~
ルビーママ | URL | 2011/02/12/Sat 17:10[EDIT]
☆ Dear Ruby Mom ☆
ご心配おかけします(^^;)
まだ病院通いで痛みもあるのだけど
少しずつよくなってきてます~。

香港のお医者様から
Can you speak English?と聞かれ
Yes!って答えたら、
先生安堵の表情でした。
私も先生が英語を話せてよかった、などと
失礼なことを一瞬思ったりしたのです。
それは、日本の病院は
どこまで外国語(英語etc)って通じるのだろう。。。
って日頃思ってたことの裏返しだなって
気づいたりしてました。

香港に友人がいたので
何かあったら通訳してもらおうって思ってたので
心強かったです!
やっぱり、持つべきは<友>ですね☆
momo姉 | URL | 2011/02/13/Sun 09:37[EDIT]
Track Back
TB*URL

Copyright © momo in wonderland♪. all rights reserved.

カスタマイズ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。