everyday life with momo and his family

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

明日もいっしょにおきようね。
kyunta12

きゅん太(いとこの子)から
お誕生日のお祝いが届きました。
今年も一所懸命に描いた作品。
ずいぶんと細かい部分まで描いて
さすがに5年生だなぁと感心。
だって、3年前だと.....


kbp0901

こんな感じだったから、
きゅん太がずいぶんと大人になったように
思えました。

今年の夏休みも我が家へ遊びにきてくれました。
きゅん太母から
毎年読書感想文の宿題を終わらせるのが大変と聞き
今年は私がお手伝いすることに。

本を読むのは苦手でないきゅん太ですが
多ページある本でなくても
感想文が書けるのだと知ってほしくて
今年の課題本は、穴澤賢さん作の
<明日もいっしょにおきようね>という絵本を選んで
夏休み前に送っておきました。

dekao121

この作者の穴澤さんはとっても有名なブロガーさん。
以前は、こちらのブログで ⇒ 富士丸な日々 
そして現在は、こちら⇒ Another Days、ファンの私は
穴澤さんが出版する絵本が楽しみでした。
<きゅん太に読んでもらわなくては>と思っていたところへ
きゅん太の夏休み宿題を手伝うこととなりました。

<いつもだと3日くらいかかる>と意気消沈していた
きゅん太でしたが、二人であれこれ話して下書きをしたら
2時間もかからずじまい。
清書を書き始めてしばらくすると、
突然きゅん太が手を止めて
<ごめん、嘘ついてた>と言い出しました。

この絵本には動物が殺処分される場所が出てくるのですが
初めに、こんな場所があることを知っていたかと聞いたら
<知らなかった。みんな保護されても、
歳いって死ぬまで遊んだりして過ごす場所だと思ってた>
と言っていました。
だから、感想文にもその通りに書く予定でしたが
<ごめん、本当は知っててん>と言い出しました。
知っていたけれど、そんなことが起きていることを
知っている自分がいやだったようなのです。

少し書き直したけれど、3時間も経つ頃には
きゅん太の晴れ晴れとした表情とともに
夏休みの宿題は完了しました。

こんなことを思っている5年生がいることを知ってほしくて
きゅん太の感想文を作者の穴澤さんへ送りました。
そして、今年のHappy Music Festaにも
スタッフとして穴澤さんが参加されると知り
きゅん太に作者穴澤さんに会ってほしくて
そして、
きゅん太が絵本から知ったボランティアの人たちを見てほしくて
Happy Music Festaに行ってきたのです。

ラッキーなことにも穴澤さんに会って話もできました。
きゅん太が持って行った絵本にサインももらい
穴澤さん家の大吉くんの写真もいただき
<大吉>お守りまでいただきました。
きゅん太のテレながら紅潮した嬉し顔が
私も嬉しかったです。
(私までお守りをいただき嬉しかった~!)

穴澤さん、私たちにやさしく接してくださって
ありがとうございました。
おかげで私たちは思い出深い夏を過ごすことが
できました。

穴澤さんの絵本情報はこちらへどうぞ⇒明日もいっしょにおきようね

きゅん太、
今年もお誕生日に絵を贈ってくれてありがとう☆
きゅん太が大人になって
この夏のことを思い出してくれると嬉しいな。



Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © momo in wonderland♪. all rights reserved.

カスタマイズ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。